サプリメントって成分によって効能が全然違いますし種類も膨大にあります。

いろんな効能があるサプリメント特集

HOME

目のトラブルにおすすめのルテインはサプリメントで摂取できる

最近、目をいたわるためにルテインサプリメントを使う人が増加しています。美容や、健康についての情報を扱うメディアでも、ルテインは注目されている成分です。サプリメントでルテインを摂取することで、目の状態改善の効果が期待できると言われています。

ルテインは食事からでも摂取できますが、サプリメントであれば手軽に効率よく摂取することが可能です。ルテインは黄色い色素成分で、眼精疲労の改善を早める作用などがあります。
ルテインが欠乏すると、目の疾患リスクが上がります。ルテインは、視力を維持している黄斑部に特に多く存在しています。ルテインが少なくなると加齢黄斑変性などが起きやすくなるといいます。

目の疾患は、最初のうちははっきりとした自覚症状が出ないことがあります。1年に1回か2回は検査を受けることや、ルテインサプリメントを使ってみてもいいでしょう。加齢黄斑変性は、アメリカでは失明する原因として上位に上がっているため、ルテインサプリメントの重要性が高まっています。体が必要としている栄養素をまんべんなく摂取しようとしても、欠乏気味になる栄養素はやはりあります。
そこで、必要とされるルテインの量を手軽に摂ることができるサプリメントを活用すのはいかがでしょうか。

サプリメントを使えば、1日に必要なルテインを摂取するためにおかずを食べ過ぎることもありませんし、料理の手間も省くことができます。出張中や、外食ばかりしている時でも、サプリメントなら持ち運びが簡単ですから、出先や仕事の合間にも、ルテインが確保できます。

サプリメントならコンドロイチンとグルコサミンを同時に摂取できる

サプリメントで、コンドロイチンとグルコサミンを併用するといいと言われています。グルコサミンのほかにもコラーゲンと一緒に摂取することで相乗効果が期待できることから、サプリメントを利用してコンドロイチンを取り入れることが勧められています。
最近は、グルコサミンとコンドロイチンがどちらも入っているサプリメントや、吸収しやすいように動物性の成分を使ったサプリメントもあります。コンドロイチンは、粘膜や皮膚などの、身体の様々な部位で必要とされている栄養素です。関節にあるコンドロイチンが減少すと、軟骨がすり減って痛みが出るようになるため、サプリメントが重宝されます。

軟骨のコンドロイチンが減少すると、水分を留めておくことができなくなって、弾力が失われてしまいます。軟骨は、水分を留めておくことで、衝撃を吸収できるだけの柔らかさを維持しています。他にも、コンドロイチンには軟骨を分解する酵素を調節したり、栄養を与え、老廃物を輩出する働きがあります。コンドロイチンは、軟骨の状態を正常に保つためになくてはならない成分だといえます。

天然の食材でもコンドロイチンは摂取できますが、ねばりのある食材や、うなぎ、スッポンなどで、継続的な摂取は困難です。コンドロイチンは、目薬に配合されていたり、お肌の保湿に使われたりと、強い保水力を有していることが、多方面に活用されており、体にとって重要な栄養成分といえます。コンドロイチンは、関節の軟骨部分を増やしたり、しっとりした若々しい肌を維持する効果などが期待できるため、サプリメントで補給しておきたい栄養素です。

サプリメントでよく耳にするコンドロイチンの働きについて

多くの人が、具体的な働きは知らなくとも、コンドロイチンが健康にいい成分であるという印象はCMなどて見ています。

コンドロイチンのサプリメントは、腰が痛い人、関節痛が辛いという人にお勧めの商品です。コンドロイチン硫酸ナトリウムが本来の呼び名であるコンドロイチンは、軟骨に多く必要とされている成分であると言われています。軟骨に水分と栄養分とを供給し、老廃物を体外に出すことがコンドロイチンの機能です。年をとると関節痛や、腰痛が発生しやすくなるのは、軟骨が少なくなるためです。もともと、人間の体はコンドロイチンを生成できるようにつくられていますが、年をとるとつくられにくくなっていきます。
コンドロイチンのサプリメントを使う人が増えている背景には、減り気味のコンドロイチンを増やしたいという思いがあります。毎日の食べ物からでも、コンドロイチンを補給することができます。やまいも、オクラ、納豆など粘りのある食品が目安です。サプリメントでコンドロイチンを摂取することで、粘りのある食べ物を選ぶ手間を省くことができます。
また、日々の食事からグルコサミンを取り入れることはなかなか難しいですが、サプリメントを活用すれば簡単に補給することが可能になります。年をとっても痛みを感じない関節を維持するには、関節の軟骨部分にグルコサミンも必要になります。

グルコサミンは軟骨を頑丈にし、すり減った軟骨を修復したり、再生を促す効果がありますので、コンドロイチン同様、サプリメントで補給するといいでしょう。

関節の痛みが気になる人がコンドロイチンのサプリメントを利用する理由

コンドロイチンをサプリメントを利用して積極的に摂取している人は少なくありません。コンドロイチンは、関節痛の対策に役立つだけでなく、お肌をきれいにしたいという人にとっても有用な成分だと言われています。年をとると体の節々が痛むという事象は多くの人が知っていることで、関節の痛みがひどくなる人もふえています。関節にある軟骨がすり減って、緩衝材としての役割を果たせなくなると痛みが生じます。関節同士がぶつかりあった時に、軟骨がないとクッション的な役割を果たせませんが、そのためにはコンドロイチンが必要になります。高分子複合体であるコンドロイチンは、関節の衝撃を吸収するための水分を保持する機能を有しています。実験によって検証されており、コンドロイチンサプリメントを摂取した人は関節の軟骨の減りが抑制され、痛みも軽減したという結果が出たそうです。関節の痛みを緩和する作用があるというコンドロイチンは天然食品にも含まれていますが、毎日それらを食べ続けるとなると大変です。その点、サプリメントを使えば手軽にコンドロイチンを体内に取り入れことができますので、継続的に取り組むことができます。コンドロイチンは、グルコサミンや、ヒアルロン酸との相乗効果がありますので、一緒に摂取するのがおすすめです。サプリメントによっては、コンドロイチンの他、ヒアルロン酸や、グルコサミンも配合済みで、一緒に摂取できる商品もあります。関節の痛みにいいだけでなく、お肌をしっとりとさせたり、肌トラブルを解消する効果もあることから、コンドロイチンサプリメントは女性にも注目されています。

プロポリスの摂取ならサプリメントがお勧め

もしも、プロポリスのサプリメントを購入するなら、知っておくべきことがあります。プロポリスは有名な健康成分ですが、実際のところ蜂蜜と混同してしまっている人も多いようです。樹木の蜜や、花粉、ミツバチが分泌する物体がプロポリスの原型であり、ハチミツとは全く異なるものです。プロポリスとは、ミツバチが巣をつくる時に自分の巣をガードするために使っている抗菌力の高い成分といえます。アミノ酸や、各種のミネラル、フラボノイドなど、身体にいい影響を与えるような栄養素がたくさん含まれていることがプロポリスの強みです。

その最たるものは、抗酸化作用や免疫力のアップ、そして抗炎症作用です。様々な利点があるプロポリスを摂取することで、アレルギー症状が起きにくくなったり、感染症やがんの予防に効果があるといいます。このように多くの優れた効能があるプロポリスですが、唯一の欠点といえば、味の癖が強く決して美味しいとは言えない事です。

プロポリスの味や香りが得意でない人でも毎日飲み続けることができるようにと、香りや味をほとんど感じないようなプロポリスサプリメントも登場しています。

とはいえ、どのサプリメントでも効果が保障されているということはないので要注意です。プロポリスは様々な国でつくられていますが、特にブラジルで採れたプロポリスのサプリメントは、よいものだといいます。
含有量や品質を意識する事で、上手にプロポリスのサプリメントを選ぶ事が出来るようになります。

メニュー